menu

摂理の牧師ブログ キリスト教福音宣教会 真のリーダーシップ

人生の岐路 partⅠ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう1年の半分が終わってしまいますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日は、私が牧師の道を志すきっかけになった経緯を書きます。

私は摂理の教会に通いながら、霊的な指導者になるとは、夢にも思っていませんでした。

私は摂理に来て、人生の意味を教えてもらい、人生が180度完全によく変化したので、鄭明析(チョンミョンソク)牧師から受けた教えを携えて、社会で働きながら、主の精神を伝えることが夢でした。

 

しかし、これはあくまで私の考えであって、神様はどう思っていらっしゃるかは別の話です。

 

摂理に来る前は、自分に自信がなく、コンプレックスの塊だったので、人前で話すなんて絶対に無理!人を導くなんて出来ない!と思っていたし、本当に何も誇るものがなかったので、指導者になりたいとは、考えたこともありませんでした。

 

神様の御言葉を聞くことがが大好きで、感謝なことに、学生時代は教会で、30個論(バイブルスタディー)を伝える機会を多くいただいていました。

1日に5回講義したこともありました。それが1日の中で最多だったかと思います。

 

講師になる前は、私自身のことに関して話すネタなんていうものは、まったくありませんので、いざ講義を伝えることになったとき、相手と私が向かい合って、沈黙の状態になるのではないかと恐れる気持ちもありました。

しかし、講義は私個人の話をするわけでもなく、私の考えを語る場でもありません。

神様の御言葉というものは、神様が伝えたい言葉なわけで、自分の話は一切する必要はなく、結果的に、毎回大胆に伝えることが出来ました。

自分で講義しながら、自分も講義を聞いているという不思議な感覚を持ちながら、ずっと講義をしていました。

話すのが本当に苦手だったのですが、かなりの回数の講義をする機会に恵まれたおかげで、話すことに慣れてきました。

 

多くの講義経験を積みましたが、牧師や摂理の指導者になることは、また別の話なので、御言葉を携えて社会で主を伝えるという希望を持ちながら、ついに社会人になりました!

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

公私ともに、充実した毎日でしたが、大学を卒業し、24、25歳ぐらいになってくると、人生の進路について悩む時期に一般的になるのでしょうか。

すでに神様に人生を捧げると決めていたので、結婚に関しては悩みませんでしたが、これから私は社会でも、摂理でもどのように走るのが、神様の願いなのだろうか、、と真剣に考えるようになっていました。

自分の進路に関して、切実に祈るものの、答えが出ない毎日、、

この時期はかなり信仰的に調子が悪かったです。

 

「私に対する神様の御心はどこにあるのでしょうか???」

 

と祈っていましたが、心の奥底には、すべてを神様に委ねるという考えではなく、自分の考えを完全にフラットにすることが出来ず、祈っていました。

つまり、社会で地位名声を得たい!世の中に名を残して成功したい!という思いが先行していました。

心の器に、自分の考えが満杯に詰まっているわけですから、神様が答えを注げるはずがありません。

でもそれに気づかず、自己中心的な祈りをし続ける私。

 

そんなカタクナな私に対しても、神様はあきらめないんです。私がはっきりと悟るまで働きかけてくださいました。

 

まずは、聖書の聖句から悟らせようと、4連発の働きかけをしてくださいました。

クリスマスやさまざまなイベントで、聖書の聖句カードをもらう機会があり、1年に4回同じ聖句カードに当たりました。

100枚あったら、全部のカードが違う聖句にもかかわらず、同じ聖句が毎回当たるというミラクル。

 

ある時は、鄭明析牧師の故郷、月明洞の美しい風景の写真のポストカードを先輩がお土産でくれて、好きなカード1枚選んでと言われ、ひいたら、裏にその聖句が・・・

どうにかして私を悟らせたい神様。しかし悟れない私、、

その聖句は何だったかというと、、

箴言3章6節

「すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」

 

あー、アーメン。おっしゃるとおりです。。

 

つまり、

「神様はすべて一番いいように導いてくださるのだから、心をあけなさい。認めなさい。委ねなさい。そうしたらあなたの人生の道は天に向かってまっすぐに進むよ」という意味です。

 

これが本当にできていませんでした。

 

心をあけて、主に自分の人生を委ねるということが。

 

これでもか!これでもか!!これでもか!!!というぐらい働きかけてくださっているのですが、まだ、いまいち自分の考えが空けきれない。。

 

そんな状態で時間が過ぎていた時、私の人生の中で大転換の時を迎えるようになるのでした。

 

長くなったので、次回に続く。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31