キリスト教福音宣教会で牧師をしています。聖書を通して学んだリーダーとして備えるべき姿勢や能力、日常生活のエッセンスをお伝えしていきます。

menu

キリスト教福音宣教会 牧師ブログ 真のリーダーシップ

新年初投稿!「食生活」と「牧師」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2020年のお正月は、久しぶりにゆっくり実家に帰省することにしました。
といっても、3日間なのですが、年末あわただしく時間が過ぎ、ゆっくり1年を振り返り、新年の計画をたてる時間が取れなかったので、実家で神様と決めていくつもりです。

実家には姪っ子たちも遊びに来たり、教会のメンバーも来てくれたりと、にぎやかで楽しいお正月です。

去年を振り返りがてら、ブログを久しぶりに書いています。

去年の後半、私の中で大きく変えたものがありました。

それは、

 

「食生活」!

 

私は、豚肉とミズナとトマトが大好きで、よくしゃぶしゃぶにして食べていました。
しかし、魚をメインで食べるようにしてみたのです。

1年半ほど前から、キーンという耳鳴りがずっとするようになり、病院に行ってもよくならず、漢方を飲んだり、鍼治療したりしているのですが、教会のメンバーに薦められて、「くわさ」(かっさ)治療を受けてみました。

どのような治療かというと、

「くわさ(刮痧)は水牛の角などの工具で、皮膚をこすり、血管(毛細血管を含む)を押しつぶして、血液中の老廃物を血管・内皮細胞から潜り抜けて、排尿とともに外に出してしまうもの。」

写真をみると、悪いところは真っ赤になり、がんのところは真っ黒になるとのこと。見るからに痛そう、、、、

そして実際受けてみると・・・・・・

 

激痛!激痛!激痛!激痛!激痛!激痛!

 

痛すぎる、、、
悪いところは痛いそうです。

痛いのが薬の代わりだそうで、治療後は血行がよくなり、すごい冷え性なのですが、足先が冷たくなりませんでした。

血が汚れていると病気になるということで、食生活が重要と指導を受けました。

*肉よりも魚を食べる。なぜかというと、動物は人間より体温が高いので、人間が食べると、血がどろどろになりやすい。魚は水の中にいるので、体温が人間より低く、血がさらさらになりやすい。

*水(白湯)をたくさん飲む。老廃物を流すために。

野菜はたくさん食べていたのですが、豚肉ばかり食べていたなと思い、肉ではなく、魚を食べることにしてみました。まったく肉を食べないわけではなく、肉も少し食べつつ、魚をメインにしていきました。

そうしたら、、気のせいかもしれないけれど、体が軽い!!!
そして、疲れにくい!?気がする。

お茶もほうじ茶が大好きでよく飲んでいましたが、市販のお茶は、茶葉が農薬付けで発がん性があると、知り合いのお茶の先生に教えてもらい、できる限り水を飲むように変えました。

耳鳴りは治らないですが、だいぶ音量が下がってきたのか、気にならなくはなってきました。

耳鳴りに関して、御言葉が出ないかな~と思っていたら、出ました!しかも私の誕生日の日に!さすが神様です!すべて私の祈りを細かく絶対に聞いてくださいます。期待を裏切らない神様です。

鄭明析(チョンミョンソク)牧師の御言葉より。

『耳から耳鳴りがする人たちも、神経を使うとそうなります。そういう人たちはどのようにしたら治るかというと、いろいろ方法がありますが、その声に神経を使わなくなれば治ります。

その神経を使うと、どんどん考えで刺激を与えて、脳の神経の塊が、どんどんその影響を受けるから、神経を使わなければそこで刺激を受けないのです。
だから、(マイクを指でこすってガサガサと音を出す)こうやって触るから、音が出ます。それで触らなければいいのです。そこに神経を使わないのです、使わなければ、これを触らないのと一緒です。だから、脳が健康に成長し、刺激を受けないのです。

でも、脳を自分がいじるのです、放っておけば大丈夫なのに。神経を使い過ぎると鬱病になります。

鬱病もどのようになるのかと言うと、「すごく気分がよくない、気分がよくない。」自分がよく作ればいいけれども、「気分がよくない。私、すごく気分がイマイチだ」と、どんどんどんどん脳が気分がよくない方に、脳は考える通りに形成されていきます。そのように脳が習慣づくのです。』

私は自分で言うのもなんですが、真面目なので、なかなか切り替えができないんですよね~

神経が休まらないのは事実なので、それで耳鳴りがしているのかと改めて悟りました。

どんな職業もそうですが、牧師も体が資本というか、体力勝負のところがあるので、健康管理をしながら、1年走ります!

投稿者プロフィール

美穂
美穂
摂理で牧師やってます。大学1年生の時に摂理に出会いました。まさか!自分が摂理の中で聖職者になるとは全く思ってもみませんでしたが、ある時、道が開かれ、牧師の道へ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930