menu

摂理の牧師ブログ キリスト教福音宣教会 真のリーダーシップ

運命共同体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あ゛ー、暑いですね、、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

個人的にも、教会的にも、さまざま新しい転換を迎えているのか、ここ数週間、夏バテも手伝って、疲労困憊することが多く、少々弱り気味です。

 

しかし、今週の礼拝の御言葉で最高に力を受けました!!!

私が力を受ける時というのは、御言葉を聞くときが多いです。もちろん、ほかにも多々ありますが。

表現がふさわしくないかもしれませんが、御言葉を聞くことは、私にとっての最高のストレス解消の時でもあります。

そして、今週の礼拝は、ある人が愛をこめて賛美をしている後ろ姿をみて、猛烈に感動してしまいました。

 

ということで、最近あった教会の話をします。

最近、人事異動がちょくちょく行われています。私の教会の副牧会者も移動することになりました。

牧会者と副牧会者は、心をひとつに、同じ目的の元で走る必要があります。

中心的に走る人がひとつになってこそ、教会がうまくいくのです。

お父さんとお母さんが仲がよいと、家庭がうまくいくというイメージでしょうか。

 

今まで、私が牧会した教会では、副牧会者があまりいたことがなかったので、副牧会者と一緒に長く走ったことがありませんでした。

しかし、今の教会では副牧会者が立てられ、彼女とは2年半一緒に教会を牧会できたので、本当に感謝しています。

同じ思いで、相談しながら一緒にできる人がいることが、どれほど貴重なのかということを感じるしかない期間でした。

どれだけ助けられたか分かりません。

無理難題、、さまざまなことがありましたが、共に解決していったことが数え切れないほど多くあります。

 

別の使命地に行くのは、個人的にはとても寂しいですが、この教会で成長して、別の次元に行くことなので、とても喜ばしいことだと思います。

 

今は同じ教会で走っていなくても、神様の御心をなすために、苦楽を共にした兄弟姉妹たちにあうと、とても心が慰められるし、元気が出ます。

摂理で年齢を重ねるたびに、そのような仲間が増えていくことが感謝です。

 

 

教会には、牧会者、副牧会者という立場でなくても、聖三位のために、教会のために助けになりたいと思い、頑張る人たちが多くいます。

主が頭で、私たちそれぞれが肢体だと聖書には書いてあります。

コリント人への第一の手紙12章27節

あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。

 

主の計画と考えを受けながら、その人にしかできない使命を果たすことで、教会は成り立っています。

 

私の教会は、長老勧士たち(教会を霊肉ともに支える年長者)が多いのですが、会議などをすると、摂理を愛し、教会を愛する姿が感動的で、とても頼もしく、力を受けます。

 

若い中高生キャンパス生も、初恋の思いで熱く走っている姿に、自分もあのような姿を取り戻さないとと、ハッとさせられます。

 

「青年部は摂理の腰だ」と鄭明析(チョンミョンソク)牧師はおっしゃるのですが、職場に通いながら、教会でバリバリ頑張る青年部たちを見ると、頭が下がります。

 

家庭局、壮年部の方々は、子育て、仕事など、決して時間的に余裕があるわけでもないし、仕事も年を重ねるごとに責任が重くなっていきますが、子供も育て、仕事もしながら、霊的にも走るという姿は神様を感動させるしかないです。

 

銀河たちは、その存在自体が恵みの塊たちです。神様の愛の結晶体です。本当にかわいくて仕方ないです。

 

同じ船に乗っても<考え>はそれぞれだが、<目的地>は「同じ所」だ。

という鄭明析牧師の、船の絵つきのサインがあります。

 

新しい使命者が私の教会にも送られることを願いつつ、日本全国各地で頑張って走っているメンバーたち、日本全国の指導者たちのために、お祈りに拍車がかかる今日この頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31