menu

摂理の牧師ブログ キリスト教福音宣教会 真のリーダーシップ

分かって接する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハレルヤ!新カテゴリーを作成しました。

 

私たちの教会では、毎朝お祈り会があり、鄭明析(チョンミョンソク)牧師のメッセージが伝えられます。

 

あまりにも豊かに注がれるので、消化しきれないほどです。

 

聞いたメッセージが流れないために、一言でも実践するために、このカテゴリーを作りました!

 

私が心にとめようと思った、今日の御言葉は、これ!

 

■<落ち葉になる木>は夏中(じゅう)、主人に青々しさを守ると誓っても、秋になったら色が変わるから「私はどうして、私が言った誓いを守れないで、こうなのだろう?」と言う。これはそのように生まれ持ったからそうだ。

<人間>もそうだから、このことを分からない人はいつも問題になり、自分を嘆くだろう。

 

■<木>も分別して季節を考えて接することが「知恵」だ。

 

 

人を分かって接するということは、この世でお金を稼ぐことより難しいと聞きます。自分自身についても、わかっているようで、わからないのが現実です。

 

人間について、鄭明析牧師は、一言でおっしゃいました。

 

人はそれぞれ『成分』がある。だから『成分』、『質』を把握して接しなさい

 

これは、指導者教育の一言だと私は思っています。

 

同じように物事を見ても、それぞれ受け取り方が全く違います。

自分の心の成分と質によって、つまり、自分の考え方や、人生、行いによって受け取り方が違うのです。

 

自分自身に対しても、相手に対しても、分かって接して、平和な1日になりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930